ロジネットジャパン/3月期の売上高4.1%増、営業利益20.6%減

2014年05月12日 

ロジネットジャパンが5月12日に発表した2014年3月期決算によると、売上高512億4000万円(前年同期比4.1%増)、営業利益5億6000万円(20.6%減)、経常利益5億8200万円(28.2%減)、当期利益3億3700万円(18.4%減)となった。

札幌通運グループは、主に特積輸送と区域輸送の伸びで貨物自動車運送部門の取扱が増加したことにより、売上高は382億1400万円(6.6%増)。

中央通運グループでは、鉄道利用運送部門が堅調に回復したことにより、売上高は61億2600万円(6.7%増)。

青山本店グループでは、倉庫部門に関連する貨物自動車運送事業が減収となったことにより売上高は65億5400万円(12.3%減)。

来期は、530億円(3.4%増)、営業利益8億5000万円(51.6%増)、経常利益8億円(37.4%増)、当期利益3億6000万円(6.7%増)の見通し。

最新ニュース

物流用語集