極洋/3月期の売上高、物流サービス部門は11.8%減

2014年05月09日 

極洋が5月9日に発表した2014年3月期決算によると、物流サービス部門の売上高は30億3100万円(前年同期比11.8%減)、営業利益2600万円(前期は営業損失3億2400万円)だった。

物流サービス部門の冷蔵倉庫事業では、積極的に設備投資を行い、事業の効率化と営業力強化に努めた。

冷蔵運搬船事業は、大幅にスリム化された船体編成のもと年間契約を中心に配船するなど効率のよい運航に努めた。

2014年3月に極洋グループの経営効率の向上を図るため、連結子会社であった極洋海運を吸収合併した。

この部門の売上は前期を下回ったものの、利益は上回った。

最新ニュース

物流用語集