ヨコレイ/北海道小樽市に冷蔵物流センター新設

2014年05月01日 

ヨコレイは、北海道小樽市の石狩物流センター隣接地に「石狩第二物流センター」を新設した。

<石狩第二物流センターの外観>
20140501yokorei

新センターは、北海道の旺盛な低温物流ニーズに応えるため、最先端の設備を備えた冷蔵倉庫で、冷蔵収容能力は2万4230トン、4階建てで延床面積2.2万㎡の規模。

隣接する既設の石狩物流センターと合わせると収容能力は約6万トンで、同社グループ最大級になる。

北海道の生産と消費をつなぐ石狩湾新港地域に立地し、札幌中心部から約15km、車で約30分という立地に加え、道内主要幹線道路の経由地で、道内主要都市とのアクセスも適している。

■石狩第二物流センターの概要
所在地:北海道小樽市銭函5-61-7
構造:鉄筋コンクリート造4階建(一部鉄骨造)
敷地面積:18,500㎡
延床面積:22,000㎡
冷蔵収容能力:24,230トン(F級22,870トン、C級1,360トン)
その他設備:SittoryD1(ノンドライ・ストレイジシステム)、陽圧式低温プラットホーム、オゾン殺菌・脱臭装置、移動ラック、冷蔵庫棟全館LED照明

最新ニュース