日本プロロジスリート/保有物件に太陽光発電システム導入

2014年04月25日 

日本プロロジスリート投資法人(本投資法人)は4月24日、保有物件の一部で、スポンサー関連会社による太陽光発電関連事業の実施が決定したと発表した。

保有する4物件で、スポンサーであるプロロジスの関連会社であるグリーン特定目的会社が、太陽光発電に関連する事業を行う。

プロロジス・グループは日本で、新規に既存運営物件と開発中物件への太陽光発電システムの導入を決定したことに伴い、本投資法人が保有物件である4物件について、プロロジスの関連会社に当該物件の屋根を賃貸する。

4物件と、年間賃料は、プロロジスパーク尼崎1(年間賃料66万7200円)、尼崎2(178万800円)、鳥栖4(93万1200円)、習志野4(152万400円)で合計489万9600円。

最新ニュース

物流用語集