JRシステム/ドラッグチェーンに配送計画納入、車両30台削減

2014年04月10日 

鉄道情報システムは4月10日、ドラッグチェーンのカメガヤ(横浜市港北区)に配送計画シミュレーションソフト「配送計画ドック」を納入したと発表した。

<配送計画ドックの概要>
20140410tetsudoj

カメガヤは、条件の厳しい配達条件に配慮する必要がある配送計画作成業務の属人化と物流コスト削減という課題を抱えていた。

配送計画ドックを使用した自社業務のシミュレーションを行うことでシステム化の効果を実感し、納入となった。

配送計画ドックの稼働により、これまでベテラン社員が1時間かけて作成していた配送計画作成を若手スタッフが20分程度で作成できるようになり、業務の効率化を図ることができた。

さらに月間合計30台の車両台数を削減、物流コスト削減に成功した。

■事例
http://www.jrs.co.jp/article.php/introduction_p_dock

■問い合わせ
鉄道情報システム
第二営業企画部営業開発課 
システムソリューショングループ
TEL:03-5371-0194

最新ニュース

物流用語集