日通/カンボジア発、日本向けの複合輸送サービス開始

2014年04月08日 

日本通運は4月1日、カンボジア・プノンペン発日本向けの複合輸送サービス 「NEXSAO – CAMBODIA SAT(Truck & Sea / Truck & Air)」を開始した。

プノンペン-ホーチミン間をトラック輸送し、ホーチミン発の船舶または航空便に接続し、日本へ輸送する。船舶の場合は東京港・名古屋港・大阪港等の主要港、航空便の場合は成田空港や羽田空港を仕向地としている。

プノンペン-ホーチミン間を陸送することにより、東京港・名古屋港・大阪港といった日本主要港までの海上輸送で最大6日のリードタイム短縮が可能となった。

航空便では直行便による安定したスペースの確保を実現した。

カンボジア日本通運が拠点を構えているプノンペンから日本への輸送については、輸送量・リードタイム・コストなど顧客のニーズに合わせた最適な物流サービスで応えることができる。

カンボジアの経済成長を牽引する主要産業のひとつであるアパレル産業の顧客は、ハンガーコンテナーによる輸送も利用できる。

最新ニュース

物流用語集