ヤマトHD/持続可能な成長実現で国連グローバル・コンパクトへ加盟

2014年04月04日 

ヤマトホールディングス(ヤマトHD)は4月3日、国際連合が提唱する持続可能な成長を実現するための国連と企業の協力の枠組み「国連グローバル・コンパクト」に加盟した。

国連グローバル・コンパクトは、国連が提唱する「人権・労働・環境・腐敗防止」についての普遍的原則であり、国際社会で持続的な成長を可能にするための世界的な取り組み。

ヤマトグループは「国連グローバル・コンパクト」の10原則を支持し、事業活動のなかで実践することで、社会の持続的な発展に貢献するとともに、中期経営計画「DAN‐TOTSU3か年計画STEP」に基づき「健全な企業風土の醸成」を推進していく。

ヤマトグループ環境保護宣言の改訂を行い、ヤマトグループの環境保護活動「ネコロジー」をはじめとしたCSR活動に今後も積極的に取り組む。

改訂のポイントは、「ネコロジー」の理念に基づき、ヤマトグループの社員一人ひとりが取り組む重点事項を明示した。

さらに4つのカテゴリ(輸送のエコ、施設のエコ、商品のエコ、地域とのエコ)に分け、あらゆる場面の環境保護活動を明示した。

最新ニュース