オリックス/日立物流の物流倉庫2か所で太陽光発電稼働

2014年04月03日 

オリックスは4月3日、日立物流が保有する物流倉庫2か所の屋根を活用して建設を進めていた合計最大出力1976kW(2.0MW)の太陽光発電所の運転を開始したと発表した。

<首都圏東物流センター>
20140403orix1

<北柏物流センター>
20140403orix2

日立物流が保有する物流倉庫の強固で広い平屋根が太陽光発電事業に適していたこと、また、再生可能エネルギーの普及促進に繋がる環境に配慮した取り組みという観点から、この取り組みに合意したもの。

首都圏東物流センターの屋根に7685枚、北柏物流センターの屋根に4290枚の太陽光パネルを設置し、発電した電力は東京電力へ売電する。

■事業概要
首都圏東物流センター
所在地:千葉県野田市西三ヶ尾 355-15
出力規模(モジュール容量):1268kW
屋根設置面積:1万2246㎡
パネル枚数:7685枚
年間予想発電量(初年度販売ベース):129万6170kWh(予定)
運転開始時期:2014年3月26日
発電期間:20年間

北柏物流センター
所在地:千葉県柏市十余二 506-1 出力規模(モジュール容量):708kW
屋根設置面積:6834㎡
パネル枚数:4290枚
年間予想発電量(初年度販売ベース) :70万4160kWh(予定)
運転開始時期:2014年3月28日
発電期間:20年間

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集