スターゼン/東京部分肉センターを子会社化、物流拠点に

2014年03月06日 

業務用食肉の卸売、スターゼンは3月6日、東京部分肉センターの全株式を9億8100万円で取得し、完全子会社化すると発表した。

拡大する首都圏マーケットに迅速に対応するため、スターゼングループの首都圏営業拠点、配販分離を見据えた物流拠点等として活用する。

経営の効率化、競争力の拡充が図れ、企業価値向上につながると判断したもの。

■東京部分肉センターの概要
名称:東京部分肉センター
所在地:東京都港区港南5-1-30
事業内容:冷蔵・冷凍倉庫業、不動産の賃貸及び管理業等
資本金:18億5000万円
設立年月日:1987年2月10日
株主:東京食肉市場40.0%、東京食肉市場卸商協同組合28.0%、スターゼン21.52%
2013年3月期の業績:売上高6億200万円、営業利益1億1600万円、経常利益1億100万円、当期利益6000万円

最新ニュース