セイノーHD/釜山に第2物流センター建設

2014年03月06日 

セイノーホールディングスは3月6日、韓国・釜山に第2物流センターの建設を始めたと発表した。

<第2物流センター完成予想図>
20140306seino

施設は敷地面積約3万1000㎡、延床面積約3万5000㎡の6階建て。

このうち1万5000㎡は、熊東背後物流団地では初となる冷蔵・冷凍倉庫とし、食品や精密機器、半導体などの保管・流通加工業務の需要を見込んでいる。

2012年の5月から提供している「釜山・プラット フォーム・プロジェクト(PPP)」が好調なため、年内の営業開始を目指している。

PPPは、釜山港の機能・メリットを最大限に活用したセイノーグループのロジスティクスサービスで、製品を輸出入する際に、日本国内ではなく釜山港で保管・加工作業を行うことで、顧客にコストメリットを提供していくもの。

釜山には、韓国側のパートナー企業であるMS Distriparkの大型倉庫(床面積2万3000㎡以上)が既に稼動しており、サービスの開始以降順調に 取扱物量が増加し、昨年の12月現在の稼働率は90%以上となっている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集