LIXIL/大雪による工場建屋の損壊で、出荷に影響

2014年03月04日 

LIXILは3月4日、2月の大雪の影響で一部の工場建屋・生産設備、調達先等が被災し、操業や出荷に影響が生じていると発表した。

システムキッチンの主力工場である深谷工場(埼玉県深谷市)は、工場建屋の屋根が損壊し、一部の加工と組立ラインが被災したため、稼動できない状態となり、他工場の能力増強、同工場内でのライン移設を進めている。

エクステリア商品の主力工場(ビルサッシ商品含む)である前橋工場(群馬県前橋市)は工場建屋の屋根が損壊し、一部の表面処理と加工ラインが被災し、稼動できない状態となり、仮設ラインを含めて工場は再稼動を開始し、他工場での増産と合わせて回復に向けて努めている。

ドア商品の主力工場である石下工場(茨城県常総市)は工場建屋の屋根が損壊し、一部の組立ラインと資材置場が被災し、一部操業に影響が発生した。現在、生産は再稼動しており回復に向けて努めている。

出荷状況では、システムキッチンは、既受注物件の対応を最優先で進めているものの、新規受注はいったん停止している

エクステリア商品、ドア商品、ビルサッシ商品は、生産能力の回復を図っているが商品の届けには納期を要している。

今後、システムキッチンは、新規受注再開後の出荷は4月中旬以降から順次開始し、生産能力の回復にあわせて、その数を増やしていく。

最新ニュース

物流用語集