GLP/神奈川県と埼玉県で1.9万㎡を賃貸借契約

2014年02月28日 

グローバル・ロジスティクス・プロパティーズ(GLP)は2月28日、神奈川県と埼玉県で3PL企業2社と計1万9000㎡の新規賃貸借契約を締結したと発表した。

神奈川県の「GLP厚木」では、グローバル3PL企業と、約1万4000㎡の賃貸借契約を締結。この企業は顧客である製造業社の首都圏西部向け配送拠点として活用する。

GLP厚木は、昨年12月に完成した総延床面積約10万㎡のマルチテナント型物流施設で、圏央道の開通により首都圏へのアクセスが飛躍的に良くなった。今回の契約により、竣工後2か月以内で稼働率が92%に達した。

埼玉県の「GLP 三郷Ⅲ」は、3PL企業である富士ロジテックと、約5000㎡の賃貸借契約を締結。同社は顧客の需要増に対応するため、自社の物流ネットワークの拡大を図っている。

GLP三郷Ⅲは物流施設として日本で初めて、米国グリーンビルディング協会制定の認証制度で最高レベルとなる「LEED プラチナ」認証を取得している。今回の契約により稼働率は100%となった。

GLP厚木、GLP三郷は、2011年8月にGLPとCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)が50%対50%で立ち上げた合弁事業「GLP ジャパン・デベロップメント・ベンチャー」による開発物件。

両施設とも、戦略的立地に加え、事業継続性(BCP)対応機能の高さと最新鋭の設備が高く評価され、今回の契約に至った、としている。

最新ニュース

物流用語集