商船三井/東京ガス向け新造LNG船の長期定期貸船

2014年02月28日 

商船三井は2月28日、東京ガスの100%出資子会社である東京エルエヌジータンカーと、新造LNG船1隻の共同保有と20年間の長期定期貸船契約に関する基本協定書を締結したと発表した。

<新造LNG船イメージ図>
20140228mol

併せて、商船三井はLNG船の造船契約をジャパン マリンユナイテッドと締結した。

この船は2017年に就航する予定で、商船三井が船舶管理を行い、東京ガス向けの主に米国コーブポイントプロジェクトからのLNG輸送に従事する。

建造する船は、IHIとJMUが開発した自立角形タンク方式(SPBタンク方式)を採用し、貨物タンク容量16万5000立方メートル級のLNG船となる。

SPBタンク方式は、タンクの大部分が船体内部に効率良く収まる構造であるため、水の抵抗を抑えられ、燃費性能に優れた環境負荷の低い航行が可能となる。

■新造LNG船の概要
全長:約299.9m
幅:48.9m
喫水:11.5m
LNGタンク:SPBタンク方式
貨物タンク容量:16万5000立法メートル
主機関:三元燃料ディーゼル機関電気推進方式
航海速力:19.5ノット
建造造船所:ジャパン マリンユナイテッド
船舶管理会社:商船三井
就航予定時期:2017年
船名:未定

最新ニュース

物流用語集