山九/インドネシアに物流センター開設

2014年02月27日 

山九は2月10日、山九インドネシア国際が、西ジャワ州ブカシ県にインドネシアでグループ初となる自社物流センター「山九チカラン物流センター」を開設した。

<チカラン物流センター>
20140227sankyu

立地はジャカルタ中心部から東方37kmで、近年日系企業の進出が続くグリーンランド工業団地内に位置している。インドネシアの主要港であるタンジュンプリオク港にも近い。

物流センターは敷地面積6万3792㎡ 、一般倉庫面積9322㎡を有し、一般倉庫の他に1985㎡の危険品倉庫も兼ね備えている。

顧客の物流ニーズに日本式の高品質サービスで応えることを目的に、センター内では独自開発のワイヤレスハンディシステムを標準導入、作業員はタブレット端末を使用しながら、高精度な在庫管理・作業進捗管理を実施する。

ここ数年インドネシアで自動車部品を中心とした物流ニーズが高まりつつあることから、同国内における3PL(サードパーティー・ロジスティクス)事業に参入することになったもの。

なお、今後2階建構造の第二期倉庫(倉庫面積約3万㎡)を計画しており、総倉庫面積4万㎡を予定している。

■概要
名称:山九チカラン物流センター
住所:西ジャワ州ブカシ県デルタマスシティー内グリーンランド工業団地

最新ニュース

物流用語集