モトローラ・リューションズ/業務用モバイルコンピュータ新発売

2014年02月27日 

モトローラ・ソリューションズは2月27日、Android OS搭載の業務用タッチ式モバイルコンピュータ「TC55」と、UHF帯RFIDに対応した「RFD5500」リーダを発表した。

<TC55>
20140227motor1

「TC55」は、使いやすさと高耐久性を追求したポケットサイズのタッチコンピュータ。

3G携帯網対応のタッチ式コンピュータで、タフな現場業務に必要なモバイルコンピュータの機能と堅牢性を備えつつ、スマートフォンのフォームファクタと機能性を融合。

トップクラスの防塵・防水性-IP67、濡れた手や軍手でも操作が可能で、高度なデータ読み取り機能を備えているため、あらゆるビジネスシーンに対応できる業務用スマートフォンとしている。

また、Motorola Extensions (Mx) という、標準Android OSを業務利用に対応するために、セキュリティ、デバイス管理、パフォーマンスの拡張機能を合わせたスイートを提供している。

提供するスイートは、企業顧客に向けたAndroid OSに対する適応、統合、保護を進めるうえで効果を発揮する。MXスイートは、モトローラのその他のAndroid OSを搭載したET1タブレットやMC40スマートデバイスにも対応する。

TC55の価格はオープンプライスで、3月17日から受注を開始する。

<RFD5500リーダ>
20140227motor2

UHF帯RFIDリーダ「RFD5500」は、920MHz帯対応、無指向型アンテナにより、優れた読み取り範囲とカバーエリアを実現し、読み取りが非常に多い現場に最適。

また、軽量で耐久性が高く、バランスの取れたガンスタイルのグリップを備えた RFD5500は、使いやすさにも優れている。ストレスの無いRFタグの高速読み取りにより、作業効率が大幅にアップし、業務の生産性を向上する。

RFD5500の価格はオープンプライスで、4月1日より受注を開始する。

最新ニュース

物流用語集