三菱自動車/新型軽商用車を2車種発売

2014年02月27日 

三菱自動車は2月27日、新型軽商用車「ミニキャブ トラック」「ミニキャブバン」を発売した。

<ミニキャブ トラック「G」>
20140227mitsubishi1

<ミニキャブ バン「G」>
20140227mitsubishi2

ミニキャブ トラックは、クラストップの荷台フロア長と低い荷台床面地上高により、さまざまな荷物を豊富に積載することができ、積み降ろしがしやすく、作業効率を大幅に高めている。

クラストップの室内幅によりゆとりある室内空間を実現したほか、足元スペースを広くとったことによる運転のしやすさ、広いドア開口部と低いシート座面による良好な乗降性を実現している。

最小回転半径3.6mと小回りが利くショートホイールベースで、悪路での走破性、積載時の重量バランスにも優れ、さまざまな場面での使い勝手を高めている。

ミニキャブ バンは、荷室床面長、荷室幅、荷室高を最大限に確保し、低い荷室床面地上高と、広いリヤゲート開口部で、四隅まで無駄なく収納でき、豊富な積載量を誇る荷室空間とした。

インパネシフトを採用し、前席足元にゆとりのスペースを確保し、運転席と助手席の間の移動を可能にした。前席・後席ともクラストップの低い乗降ステップ地上高で、優れた乗降性を実現している。

最新ニュース

物流用語集