ヤマトHD/グローバルで会計システム刷新

2014年02月26日 

ヤマトホールディングスは、グローバルにおける会計システムを刷新し、国内・海外共通のグループ統一会計システムを稼働した。

<グループ統一会計システム展開イメージ>
20140226fujitsu

システムには、財務情報の提供、組織変更、IFRS対応、法改正対応などの内外の変化に強い会計基盤を実現するため、SAPの会計パッケージ「SAP ERP 6.0」を導入。

国内グループ31社、海外グループ5地域10社の共通システムで、2014年1月のシンガポールにおける稼働をもって、展開を完了した。

内部統制、日本発のグローバルプロジェクトの推進など本社からのガバナンス強化、統一された基盤を活用することで運用コストの削減を実現する。

富士通が、SAPのグローバルパートナーとして、ヤマトHDのグローバルでの会計システムの開発・導入作業から運用保守までをトータルで支援している。

問い合わせ
富士通コンタクトライン
TEL:0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

最新ニュース