SBSフレイトサービス/ヒヤリハット研修

2014年02月25日 

SBSフレイトサービスは2月15日、ドライブレコーダーの記録を解析した映像資料によるヒヤリハット研修を開催した。

<解析、抽出された危険度の高い行動の映像>
20140225sbs

日新火災海上保険の協力を得て、ヒヤリハットの一因となるドライバーのクセや習慣の改善によって事故防止をめざすヒヤリハット研修を初開催。

静岡営業所と沼津営業所に勤務するドライバーを対象に静岡営業所で実施した。

研修では、資料作成のため事前に車両5台に専用ドライブレコーダーを設置し、約1週間業務走行を記録。記録映像からドライバーが無意識に行うクセや習慣などを解析し、ヒヤリハットにつながる可能性のある行動を抽出。映像とともに指摘して改善を促す。

抽出された行動の中で危険度が高いと判断されたものについては、予想される重大事故のシミュレーション映像も紹介。自分では気付かない運転時のクセや習慣、危険度が映像で確認できるため、ドライバーは納得して改善に取り組むことができる、としている。

最新ニュース

物流用語集