ダイフク/配送センター内高速ビークルシステムの安全性確保

2014年02月17日 

ダイフクは2月17日、エリア管理システムを開発し、日本品質保証機構(JQA)から生活支援ロボットの国際安全規格 ISO 13482:2014 の認証を取得したと発表した。

<ビークルシステムの概要図>

<作業者が物陰から急に飛び出してきた場合でも、ビークルを事前に減速させ安全を確保する >

<味の素物流の館林物流センターを借りて、実作業中にビークルを走行させ、エリア管理システムの安全性を検証した様子>

ダイフクは2011年度から「生活支援ロボット実用化プロジェクト(2009-2013)」に参加し、「安全技術を導入した配送センター内高速ビークルシステムの開発」を行ってきた。

従来のビークルに比べ約3倍の200m/minで走行する高速ビークルを開発する中で、その安全性を高めるために「エリア管理システム」もあわせて開発したもの。

エリア管理システムは、UWB(Ultra Wide Band、超広域帯無線)による位置計測により、センター内の作業者やフォークリフトの位置をリアルタイムに計測し、ビークルの走行速度をコントロールすることにより、安全を確保する。

なお、ISO13482 は 2014年2月1日に新たに発行された規格で、認証取得は、同規格発行後、世界で初となるという。

最新ニュース