SBSHD/12月期の売上高3.3%増、営業利益42.7%増

2014年02月12日 

SBSホールディングスが2月12日に発表した2013年12月期決算では、売上高1322億500万円(前年同期比3.3%増)、営業利益41億4100万円(42.7%増)、経常利益38億100万円(37.4%増)、当期利益15億7100万円(4.6%減)となった。

物流事業は、営業活動の強化に努めるとともに、新たに獲得した3PL業務向け物流センターの開設や既存の物流センターの移転・集約に取り組んだ。

第2四半期までの業績は、荷量の低迷に加え、雪害や一部センターの稼働率低下などにより営業赤字となるなど厳しい状況が続いた。

しかし、第3四半期以降は回復が進み、年間で最も需要が高まる第4四半期には売上増も伴い大幅な収益増となった。

結果、売上高は、1207億8600万円(1.2%増)となったが、営業利益は、第2四半期までの赤字が影響し12億1900万円(29.5%減)に留まった。

来期は、売上高1350億円(2.1%増)、営業利益46億円(11.1%増)、経常利益42億円(10.5%減)、当期利益25億円(59.1%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集