センコン物流/宮城県のロシアビジネス事業を支援

2014年01月28日 

センコン物流は全国農業協同組合連合会宮城県本部と宮城県JAみやぎ亘理産仙台いちごのロシアビジネスに関する取り組みを支援すると発表した。

宮城県の「2013年度ロシアビジネス支援事業中小企業者等支援業務」を受託したもの。

仙台いちごの生産が大幅に回復する機会に、これまでの販売チャンネルを海外にも広げることにより、一層のブランド化と生産の拡大を図る。

ロシア向けに仙台いちご「もういっこ」を仙台空港から韓国仁川空港経由で初輸出し、センコン物流の持つロシアビジネスのノウハウを活用、2014年2月と3月にロシアウラジオストクにあるスーパーマーケットで試食販売会を実施する。

現地の人々に宮城県JAみやぎ亘理産仙台いちご「もういっこ」を試食してもらい、認知度向上を進めながら、宮城県青果物輸出の品目拡大に向けた調査も行う。

センコン物流のロシアビジネスは、2005年に現地法人を設立し、ウラジオストク市にある倉庫とアンテナショップを活用して、日本企業の商品の委託販売事業を行っている。

2010年にはロシア極東部に本拠をおく有力流通企業であるブラゼルグループ傘下の物流会社VLロジスティクス社と資本提携と業務提携を行い、同グループ傘下の輸入専門会社「ALL JAPAN」およびスーパーマーケットを展開する「VLマーケット」をカウンターパートとして、食料品輸出をしている。

なお、ロシアビジネス支援事業中小企業者等支援業務とは、県内の中小企業者等のロシアとのビジネスに関する取組に対し、宮城県がロシアビジネスの支援事業者と契約し、その支援事業者は中小企業者等の要望に応じた支援を実施するもの。

最新ニュース

物流用語集