アスプローバ/SCM生産計画事例の「アスプローバサミット2014」開催

2014年01月24日 

アスプローバは2月7日、「アスプローバサミット2014」を開催し、医薬・自動車・化学・文具の製造業4社のSCM/生産計画の最新事例を紹介する。

アスプローバの世界展開アプローチの現状なども紹介し、ITがいかに世界を身近なものにしているのかを実感してもらう。

■開催概要
日時:2月7日(金)13:00~20:00(受付12:30~)
会場:JR東京駅前 丸ビルホール
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階
来場対象:製造業
主催:アスプローバ

■詳細・申し込み
http://www.asprova.jp/seminar/summit2014.html

■プログラム
13:00~13:50
<プログラムA>
A-1 パートナー
アビームコンサルティング
「グローバル潮流に乗り遅れない、「日本型スピードSCM」」

<プログラムB>
B-1 導入事例
ベバストジャパン
「時間単位生産計画自動策定による在庫の劇的削減と
 キャッシュフロー最大化」

14:00~14:50
<プログラムA>
A-2 導入事例
ぺんてる
「グローバル拠点の生産管理システム検討と生産計画」

<プログラムB>
B-2 Asprova改善委員会
アスプローバ
「Asprova計画機能の発展と今後の目指す方向」

15:00~15:50
<プログラムA>
A-3 海外パートナー
EQ System Ltd.(ポーランド)
「東ヨーロッパの製造業と導入事例」

<プログラムB>
B-3 導入事例
旭化成ケミカルズ
「生産管理システム統合にAsprovaを活用」

16:00~17:00
<プログラムA>
A-4 特別講演
ツムラ 情報技術部 シニアマネージャー 佐藤 秀男氏
「漢方薬トップシェアのツムラにおける計画主導SCMシステム事例」

17:00~17:30
<プログラムA>
A-5 主催者
アスプローバ 副社長 藤井 賢一郎
「グローバル化の理想と現実 現場からの報告」

17:30~18:00
<プログラムA>
A-6 主催者
アスプローバ 代表取締役社長 高橋 邦芳
「世界No.1をめざすAsprovaのブルーオーシャン戦略」

18:00~20:00
<プログラムA>
A-7 記念パーティ
創立20周年記念パーティ

20:00 散会

最新ニュース