兵庫県警/ETCの不正通行者を逮捕

2014年01月21日 

西日本高速道路(NEXCO西日本)は1月21日、兵庫県警が、本来支払うべき通行料金を不正に免れた不正通行者について、詐欺容疑で1月20日に逮捕したと発表した。

容疑者が流入ICの情報が記録されていないETCカードを、出口料金所の係員に差し出し、実際に流入したICと異なるIC(出口IC近隣)から流入したと通行区間を偽った申告を行うことにより、本来支払うべき通行料金の支払いを免れていたもの。

NEXCO西日本は出口料金所で申告を受けた場合は継続的な情報収集を行っており、容疑者の申告について疑義が発見されたことから、調査を行った結果、不正通行が確認され、兵庫県警察に通報し逮捕に至った。

容疑者に対しては、不法に免れた通行料金に加え、割増金(不正に免れた通行料金の2倍)を請求する。

最新ニュース