DHL/「Big Data in Logistics」トレンドレポートを発表

2013年12月20日 

DHLは12月20日、DHLカスタマーソリューションズアンドイノベーション(CSI)部門のイノベーションチームによる、「Big Data in Logistics」トレンドレポートを発表した。

ロジスティクス企業と他業界のデータ分析に応用する3つの分野として、「業務効率」、「顧客体験」、「新ビジネスモデル」に焦点を当てている。

トレンドレポートの目的は、革新的でロジスティクス特有のビッグデータを考える起点として、科学的方法を使って3分野での重要なトレンドを見極めること。

第1に業務効率分野での目的は、配達依頼、交通状態、受取人にとっての受取の可否を考慮した荷物配達ルートのリアルタイム最適化。第2に、サプライチェーンでの遅れを予測し、その後に適切なロジスティクス対応を行うことにより、顧客体験を改善できる能力を持つこと。最後に、ビッグデータはロジスティクスプロバイダーに新ビジネスモデルのアイデアを提供する。例えば、天候状態、インフルエンザの流行と消費者のオンライン購入の相関関係分析がある。

こういった分析により、悪天候がオンラインでの購買量の増加につながることが明らかになる。この情報は、次に、配達される荷物の数量に直接影響を及ぼす。このように、ビッグデータを用いた分析は、企業がプロセスを最適化しより良い顧客サービスを提供することに役立つものとなる。

なお、「ビッグデータ」とは、さまざまな情報源から体系的に収集し、新技術を活用して分析と評価ができる大量の情報を指す名称。

例えば、配送記録や医療部門での処方箋などのように、主に自動生成の結果として、入手可能なデータの量が急増している。企業その他の組織は、そのようなデータを評価することで早い段階でトレンドを把握し、具体的な競争優位性を持つことができる、としている。

最新ニュース