ジョーンズラングラサール/サプライチェーン・コンサル会社を買収

2013年12月02日 

ジョーンズラングラサール(JLL)は12月2日、サプライチェーン・マネジメントを専門とするコンサルティング会社、オペックスコンサルティング(オペックス)を買収し、物流コンサルティングの専門部署を新設した。

賃貸借アドバイザリーと企業の拠点戦略実行支援を行う部門についても物流不動産に特化したチームを編成し、物流に関する総合サービス体制を強化する。

買収したオペックスは、国内外の大手企業を対象に、物流戦略策定からサプライチェーン構築の実行支援まで多数のコンサルティングサービスを提供した実績を有している。

オペックスの鈴木博之氏を物流コンサルティング専門部署のリーダーとして迎え入れ、新たにサプライチェーン&ロジスティックスコンサルティング事業部を新設。

物流に関する豊富な実績やノウハウと、JLLの総合サービス力を融合し、サプライチェーン・コンサルティングに対するニーズに迅速に対応していく。

賃貸借アドバイザリーと企業の拠点戦略実行支援を行うマーケッツ事業部においても新たに社外から山田剛氏をチームリーダーとして迎え、物流不動産専門のリーシングチームであるインダストリアル&ロジスティックスサービスを強化する。

山田氏は約20年にわたり物流不動産分野に従事し、国外に拠点を持つ日本企業や国内の外資系企業の不動産戦略に携わるなど、国内外で豊富な経験を有している。

今後は、サプライチェーン&ロジスティックスコンサルティング事業部と連携しながら、より専門的で包括的なサービスを提供していく。

■オペックスコンサルティング
会社名:オペックスコンサルティング
所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
設立:2006年9月1日
事業概要:サプライチェーンマネジメント、ロジスティクス分野を中心とした経営コンサルティング業務

最新ニュース

物流用語集