日立物流/バンテックと、香港・台湾の子会社再編

2013年11月27日 

日立物流は11月27日、香港の日立物流(香港)と萬特可貨運(香港)の統合と、台湾の台湾日立国際物流と萬特可国際通運の合併を11月1日に実施したと発表した。

バンテック(日立物流の100%子会社)とのシナジー効果の最大化を図るため、香港と台湾における経営資源を統合し、運営体制の強化や効率化を推進し、物流サービスの向上とグローバル事業の拡大を目指す。

香港は、バンテックの子会社である萬特可貨運(香港)の事業を日立物流(香港)に譲渡し、萬特可貨運(香港)を清算する。統合後は、社名を日立物流萬特可(香港)に変更する。

台湾では、バンテックの子会社である萬特可国際通運を存続会社とする合併を行い、社名を台湾日立国際物流に変更する。

■統合後の状況
会社名:日立物流萬特可(香港)(Vantec Hitachi Transport System(Hong Kong)Ltd.)
所在地:No.22 On Sum Street, Shatin, N.T., Hong Kong
代表者:西山 茂男
事業内容:輸送・保管・配送事業、フォワーディング事業 他
資本金:13,500,000HK$(約1億7100万円)

■合併後の状況
会社名:台湾日立国際物流(Vantec Hitachi Transport System(Taiwan))
所在地:No.237 Songjiang Road,Taipei City,Taiwan
代表者:斉藤努
事業内容:フォワーディング事業、輸送・保管・配送事業、重量機工事業他
資本金:17,100,000NT$(約5700万円)

最新ニュース