GLP/埼玉県の物流施設、米国建物環境認証で最高レベルの評価

2013年11月13日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は11月13日、埼玉県の「GLP三郷III」が、LEED 認証の中で最高レベルの「LEEDプラチナ」認証を国内物流施設で初めて取得したと発表した。

<「GLP 三郷III」外観>

LEED (Leadership in Energy and Environmental Design)認証とは、米国グリーンビルディング協会が普及・推進を図る、世界的にも広く普及している建物環境認証制度。建築物はLEED 基準により4段階のレベルに格付けされ、「LEED プラチナ」が最高レベルの評価になる。

「GLP三郷III」は、オペレーションコストの削減や、災害時の事業継続性(BCP)の確保など、顧客の事業に利益をもたらす高機能かつ先進的な特徴を多く兼ね備えている、としている。

最新ニュース

物流用語集