シーネット/音声認識システムの最新導入事例集を公開

2013年11月13日 

シーネットは、音声認識システムの最新導入事例を載せた「ci.Himalayasシリーズ導入事例集」の第5弾をWEBで公開した。

最新事例として、家庭用調理用品メーカーで、自社で物流を手掛ける和平フレイズの音声認識システム導入事例を紹介している。

導入事例集では、物流システムの導入を検討している企業、情報収集を行っている人に向け、倉庫内作業の課題点をシーネットのシステムでどう解決できたか、システム選定のポイントなど、有益な情報を提供している。

事例集は新着5件の事例で構成しており、ダウンロードできることによっていつでも簡単に閲覧することができる。事例集には、WEB未公開の最新事例も掲載している。

■事例集ダウンロード
https://www.cross-docking.com/inquiry/download/

■事例集概要
ci.Himalayasシリーズ導入事例集 第5弾
「ピッキング作業をボイスシステムで運用、効率30%アップを実現」和平フ
レイズ(メーカー)
「音声認識システムで出荷ミスゼロ、物流品質向上を実現」五十嵐冷蔵(物流業)
「シームレスなシステム連携を実現」アテナ(物流業)
「導入期間3か月で物流システムを構築」三石(物流業)
「ミスゼロのピッキング精度で、検品レスを実現」東配(運輸業・物流業)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集