日立物流/マレーシアに小売業向け、3.1万㎡の物流センター開設

2013年10月28日 

日立物流は10月25日、マレーシアに自社倉庫をセランゴール州バンギに開設したと発表した。

<クアラルンプール・ロジスティクス・センター>

ショッピングセンター等の事業を展開する顧客の物流業務受託(倉庫内作業・店舗配送等)が決定したため、新設したもので、延床面積は3.1万㎡。

センターは、クアラルンプール空港とクアラルンプール市内の中間に位置し、クラン港へも約60㎞と比較的近く、陸海空の物流拠点として、市内への配送や保税倉庫として最適な立地条件。

建設工事はⅠ期、Ⅱ期に分けて行い、それぞれ工事完了後、5月、10月に稼働している。

Ⅰ期は、新規に受託した顧客の常温保存可能な食品や生活雑貨を取り扱っており、Ⅱ期は、複数拠点に分散していた既存案件を集約し、家電・食品等を取り扱っている。

■物流センター概要
名称:クアラルンプール・ロジスティクス・センター
所在地:セランゴール州バンギ
建屋:地上2階建
延床面積:約3万1600㎡
主な取扱商品:小売関連、家電・食品関連等
稼働時期 2013年10月、Ⅰ期分は2013年5月稼働

最新ニュース

物流用語集