ヤマハ/配送専用三輪の電動アシスト自転車発売、ヤマト採用

2013年10月24日 

ヤマハ発動機は10月24日、三輪車と脱着式専用リヤカーを連結した配送業務専用モデル「PAS GEAR CARGO」を発表した。

<PAS GEAR CARGO>

発売は11月1日からで、法人向けに販売する。販売台数は500台(日本国内・年間)を計画し、ヤマト運輸の採用が決定している。

「PAS GEAR CARGO」は、環境意識の高い配送業界各社の業務をサポートし、都市部での交通渋滞軽減や低炭素社会の実現に貢献することを目的に開発したもの。

独自の車体開発の技術を生かして企画から設計・開発までを新規に行い、重荷重配送にも対応できる仕様としている。

電動アシスト自転車業界で初となる三輪車と脱着式専用リヤカーの連結方式を採用した配送業務専用モデルとし、脱着式専用リヤカーは簡単な操作で車体から取り外せ、そのまま台車としての使用が可能。

リヤキャリヤ20㎏、脱着式専用リヤカー100㎏、フロントバスケット3㎏の合計123㎏の荷物の積載が可能。リヤカー連結方式により、三輪自転車同様の安定走行と容易な取りまわしを実現している。

車体がスイングすることでコーナーでもスムーズな走行が可能。三輪車の両後輪には大型フィン付ローラーブレーキを装備し、安定した制動力を発揮する、としている。

■配送業務専用モデル「PAS GEAR CARGO」
http://www.yamaha-motor.co.jp/pas/gear-cargo/

最新ニュース