エーアイテイー/3月~8月の売上高12.3%増、営業利益19.0%増

2013年10月04日 

エーアイテイーが10月4日に発表した2014年2月期第2四半期の業績は、売上高90億1600万円(前年同期比12.3%増)、営業利益6億5200万円(19.0%増)、経常利益6億6900万円(17.0%増)、当期利益4億7700万円(44.1%増)となった。

セグメント別の日本では、取扱コンテナ本数は、期間当初での取扱高の伸び悩みが影響したことに加え、値下げ攻勢の強かった大口顧客の貨物量が減少し、新規取引先の貨物量の増加でもカバーしきれず、輸入で7万9269TEU(1.9%減)、輸出入合計で8万3129TEU(3.0%減)と前年同期を下回る取扱高となった。

一貫輸送提案の強化が進み、通関受注件数は、2万4377件(10.0%増)と増加した。

3PL案件の獲得効果、航空貨物輸送の受注が好調で、円安によるドル建て運賃収入の増加も収益の押し上げ要因となり、増収増益を記録した。

日本での売上高は72億5300万円(6.7%増)、営業利益は5億800万円(7.0%増)となった。

通期は、売上高200億2600万円(19.7%増)、営業利益14億2300万円(11.4%増)、経常利益14億3000万円(10.7%増)、当期利益8億9800万円(15.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集