ラサール、三菱地所/相模原市に15万㎡の物流施設着工

2013年10月04日 

ラサールインベストメントマネージメントインク(ラサール)と三菱地所は10月4日、神奈川県相模原市にマルチテナント型物流施設「ロジポート橋本」を着工した。

<外観パース>

<周辺地図>

規模は、敷地面積6.7万㎡で、5階建て、延べ床面積15.7万㎡で、2015年1月末竣工の計画。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の開通により、物流適地として注目を集めている神奈川県央エリアで、ラサールと三菱地所は、今年8月に竣工したロジポート相模原に続き、2件目の共同開発となる。

立地は、主要幹線道路である国道16号線に面し、圏央道相模原愛川ICの開通により、首都圏と西日本の結節点となるだけではなく、首都圏広域をもカバーする戦略的物流拠点として注目を集めている。

将来的に圏央道全線が開通した際には、都心から放射状に延びているすべての高速道路に連結し、北関東・甲信越エリアを含む広範なエリアをカバーする。

JR横浜線、JR相模原線、京王相模原線の橋本駅から徒歩圏内に位置し、雇用環境にも適している。

施設面では、1フロア約2万6000㎡の大規模な倉庫空間を実現。最小貸付区画約2500㎡とすることで、多様なテナントニーズに応える。

大型ランプウェイを2基完備し、各階に大型車が着床可能なトラックバースを設置。10m×11.4mスパン・梁下有効高5.5m・床荷重・床荷重1.5t/ ㎡と、汎用性の高い倉庫スペックとしている。

外周ランプ部も含めた免震構造を採用したことにより、ランプ動線の寸断といった災害時の事業継続リスクを回避するとともに、施設内で働く従業員の安全を確保。24時間監視体制の防災センターを設置し、24時間オペレーションをサポートする。

■概要
所在地:神奈川県相模原市緑区大山町403-1
敷地面積:6万7746.26㎡
延床面積:約15万7000㎡
構造:RC-S造(一部S造)地上5階建、免震構造
用途:マルチテナント型物流倉庫

最新ニュース