東京納品代行/市川市に5万㎡のファッション物流センター開設

2013年10月02日 

センコーグループの東京納品代行は10月2日、千葉県市川市にファッション物流センター「東京ベイ・ファッションアリーナ」を開設したと発表した。

<東京ベイ・ファッションアリーナ>

地上4階建て、延床面積5万7000㎡で、東京納品代行で最大規模の物流センター。首都圏で展開する物流センターは12万㎡から17万㎡に大幅な拡張となった。

首都高速、主要国道に至近で、都心部や港、空港への輸配送に有利なほか、市川塩浜駅前に立地し、東京駅などからの公共交通機関によるアクセスにも優れている。

アパレル関係の顧客に対応したワンストップサービスを提供するため、商品の撮影スタジオ、アパレルの品質検査スペース(QCスペース)を設けている。

撮影スタジオはECビジネスを展開する顧客に、入荷した商品をカタログ用に撮影するほか、サイズの採寸、商品紹介の原稿作成、顧客の通信販売WEBサイトへの掲載の代行などを行う。

QCスペースは、輸入商品などのQC(アパレル品質検査)を行うエリアで、入荷した商品の検品・検針、洗濯タグの付け替え、不良品修理、プレス加工などを行う。

高級ブランドの取り扱いも行うため、入口にはID認証ゲートを設置するほか、監視カメラ、電子錠など、セキュリティシステムを充実させている。

耐震構造を採用するとともに、液状化対策も行っており、災害に強い物流センターとしている。

■施設の概要
名称:東京ベイ・ファッションアリーナ
所在地:千葉県市川市塩浜2-14-1
敷地面積:2万8475㎡
建物構造:鉄骨造地上4階建て
延床面積:5万6945㎡
うち、倉庫面積:5万157㎡
設備:撮影スタジオ、QCスペース、プレススペース、垂直搬送機12基、貨物用エレベーター10基
接車バース:56台(1階、3階 各28台)、3階接車バース用スロープ、セキュリティゲート、監視カメラ

最新ニュース

物流用語集