日本政策投資銀行/森本倉庫に協調融資とプラン認証を実施

2013年09月27日 

日本政策投資銀行は9月27日、森本倉庫が建設する「三ノ宮ビル北館」に対し、総額35億円のシンジケートローン(協調融資)を組成し、同時にDBJ Green Building認証(プラン認証)を実施したと発表した。

<三宮ビル北館>

「三宮ビル北館」は、阪神・淡路大震災により倒壊した旧三宮ビル北館の跡地に新たに建設するものであり、神戸の玄関口である三宮駅前という好立地な環境となる。

主要テナントは、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(本社)が入居することが決定している。

■シンジケート・ローンの概要
組成金額:35億円
期間:15年
アレンジャー:DBJ
ジョイントアレンジャー:三井住友信託銀行
契約締結日:2013年9月26日
融資実施日:2013年9月30日

■認証物件
三宮ビル北館(兵庫県神戸市中央区小野柄通7丁目)
敷地面積:約1880㎡
延床面積:約1万8718㎡
竣工:2015年9月
構造:地上13階、地下2階

最新ニュース

物流用語集