CBRE/東京の物流施設賃料、世界でトップ

2013年09月06日 

シービーアールイー(CBRE)は9月6日、ネット通販の需要旺盛な東京が物流施設賃料世界ランキングで首位になったと発表した。

CBREが四半期ごとに実施している調査によると、賃料が最も高い都市は東京(1平方フィート当り年額20.02米ドル)で、続いて、ロンドン(1平方フィート当り年額19.12米ドル)、シンガポール(1平方フィート当り年額17.13米ドル)の順となった。

東京は急成長しているネット通販会社と3PL事業者による最新鋭施設への需要が旺盛なことを背景に賃料が第2四半期に2.2%上昇した。

物流施設賃料ランキングの上位10都市のうち8都市は、2013年第2四半期に賃料水準に変化はなく、上昇したのは東京と香港のみ。

香港では、供給スペースが希少なため第2四半期に2.6%上昇した。第3位のシンガポールでも、需要は旺盛ながら、優良物流施設の品薄感が見られる。

ロンドン、パリ、ストックホルム、モスクワ、ヘルシンキなど、ヨーロッパのほとんどの都市では、厳しい経済環境下にありながら、優良物流施設の賃料に変化はなかった。ただし、高機能で立地条件に優れた倉庫に対する需要は堅調だった。

テナントが拡張を希望しても、希望する仕様に合致する物件を見つけることが難しく、既存の施設にとどまらざるを得ないケースが多くみられた、としている。

最新ニュース

物流用語集