セイコーエプソン/青森県八戸市に新工場竣工

2013年09月04日 

セイコーエプソンとエプソンアトミックスは9月4日、青森県八戸北インター工業団地に新工場「エプソンアトミックス 北インター事業所」が竣工し、10月から稼動を開始すると発表した。

約32億円を投資し同工場の建設を進めてきたもので、新工場の稼働により、微細合金粉末の生産能力を現在の約3倍にあたる年間約1万トンまで増強することが可能になる。

環境負荷低減のため、省エネ・省資源をコンセプトに製造ラインを設計し、生産設備の選定・導入を行った結果、従来比でCO2排出量を約25%削減、廃棄物排出量を約50%削減することが可能となった。

■新工場概要
名称:エプソンアトミックス 北インター事業所
所在地:青森県八戸市北インター工業団地2丁目
投資金額:約32億円
生産品目:微細合金粉末(磁性粉末、MIM用粉末)
工場稼動:2013年10月
敷地面積:2万500㎡
建物面積:約3300㎡
従業員数:約40名

最新ニュース

物流用語集