Paltac/仙台に大型物流拠点稼働

2013年08月29日 

Paltacは8月29日、最新鋭の大型物流センター「RDC宮城」を宮城県白石市に開設し、9月から稼働する。

<外観>

敷地面積3.8万㎡に、47億円を投じ、5階建てで、延床面積3.7万㎡の規模。

開設に伴い、東北地区全体を既存のRDC東北(岩手県花巻市)と2か所体制でカバーし、東北における出荷キャパシティが350億円から700億円に倍増する。

南東北3県の県庁所在地(仙台市、福島市、山形市)のほぼ中央に位置し、宮城県の白石インター工業団地内にあり、東北自動車道白石インターチェンジに隣接するなど、交通アクセスにも優れた立地。

卸売事業における汎用型物流センター機能(RDC)と、同一建屋内に特定小売業の物流業務を一括して請負う専用センター機能(SCL)とを併せ持つハイブリッド型での運用できるため、投資効率と物流効率の向上を図り、ローコスト化を実現した。

地元の新入社員を13名採用し、パート従業員250名(最大)の雇用を予定するなど、震災復興と地域雇用の創出に貢献する。

自動倉庫を装備し、個口検品、カテゴリー納品、EOS(電子発注システム)、EDI(電子データ交換)の活用により、小売業との間の受発注業務効率化を図る。

ハイブリッド型運用によりトラック便の積載率の向上、トラック台数の削減など、メーカーの納品利便性向上をっ進めるとともに、フルトラックロード化、最適在庫管理などメーカーの受注から納品業務までの負担を軽減、欠品を極限までゼロに近づける適正在庫管理を可能にしている。

3日間の稼働を可能にする非常用自家発電装置を設置するとともに、屋上を賃貸し、太陽光発電パネルを設置し、高輝度・低消費電力タイプ(一部LED)の照明機器を使用している。

■施設概要
所在地:宮城県白石市福岡深谷字南沖8-2
敷地面積:38,327㎡
建築面積:37,589㎡
構造:地上5階建
年間出荷能力:350億円

最新ニュース

物流用語集