レンゴー/マレーシアの段ボール安定供給強化

2013年08月06日 

レンゴーは8月6日、タイの合弁会社タイ・コンテナーズ・グループ社の100%子会社であるマレーシアのTCGM社について、株式の75%を取得したと発表した。

マレーシアをはじめ東南アジアにおける段ボール事業は、グローバルな事業展開を目指す海外事業の重要な戦略事業と位置付けており、今後とも段ボール供給体制の一層の充実を図る狙い。

最新ニュース

物流用語集