遠州トラック/4~6月の売上高2.0%増、営業利益29.8%減

2013年08月05日 

遠州トラックが8月5日に発表した2014年3月期第1四半期決算によると、売上高60億600万円(前年同期比2.0%増)、営業利益1億6600万円(29.8%減)、経常利益1億4200万円(33.1%減)、当期利益8600万円(32.7%減)となった。

グループでは、主力の工業系貨物の荷動きが依然低調だったが、前連結会計年度や第1四半期に取り扱いを開始した新規業務が寄与したほか、衛生用品や家具等の生活関連貨物の取り扱いが引き続き堅調に推移した。

利益面では、工業系貨物の取り扱いが低調であったことに加え、一部事業所において有力貨物としてきた家電製品や紙製品が業界再編の影響から取り扱いを減少させたことなどもあり、輸送部門を中心に採算が低下する状況となった。

通期は、売上高241億円(2.0%増)、営業利益9億7000万円(13.3%増)、経常利益8億6000万円(14.3%増)、当期利益4億7000万円(7.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集