SBSグループ/千葉県に3万坪のメガソーラー稼働

2013年08月01日 

SBSホールディングスは8月1日、千葉県芝山町に建設していたメガソーラー(大規模太陽光発電所)が完成し、営業運転を開始した。

<竣工したメガソーラー>


(右端の車両と比較すると、その巨大さがわかる)

芝山太陽光発電所は、千葉県山武郡芝山町に保有する3万坪の土地にソーラーパネル約1万8000枚を敷設したメガソーラーで発電能力は約3メガワット。

設備投資額は7億5000万円だが、全量を東京電力に売電し、年間約1億2000万円の収入を見込んでいる。

グループの太陽光発電事業は、埼玉県川越市の川越物流センターでも同日830kwの発電能力で、営業運転を開始しており、長野県千曲市(7月稼働)、千葉県野田市(3月稼働)の3つの物流センター屋上を利用した発電施設と合わせると4施設で発電能力4.8メガワット、年間発電量500万キロワット時の規模になる。

一般家庭約900世帯分を賄える電力量で、今後も、新たな物流施設には太陽光発電設備の設置を検討し、施設の有効利用を図るとともにクリーンエネルギーの供給拡大に努める考えだ。

最新ニュース

物流用語集