JFE物流/市川市に家電製品の専用物流センター竣工

2013年07月31日 

JFE物流は7月31日、千葉県市川市の東京物流センター敷地内に、BTS型(build to suit)物流施設、市川第3倉庫を竣工した。

<市川第3倉庫>

 
市川第3倉庫は鋼材物流基地である東京物流センター内鋼材置場の効率化により生じた土地を有効活用し建設したもので、延床面積1万4000坪の大型物流施設。

規模や仕様などを顧客の要望に合わせるBTS型で、ヤマタネが主に家電製品の物流センターとして利用する。

首都高速湾岸線千鳥町インターチェンジと今後開通予定である外環道高谷インターに近接しており、物流拠点として利便性が高いロケーションとなっている。

コンテナターミナルとして国内最大規模である東京港からも、ゲートブリッジを経由する東京港臨海道路から国道357号線を利用して至便なアクセスとなっている。

今後、港湾エリア特有の自社岸壁を利用した海上輸送を検討していくことにより、CO2削減、コスト削減も期待できるとしている。

■施設概要
名称:市川第3倉庫
所在地:千葉県市川市塩浜1-13
延床面積:1万4000坪
構造:鉄骨造4階建、一般常温倉庫
着工:2012年9月

最新ニュース