内外トランスライン/1月~6月の売上高15.6%増、営業利益2.6%減

2013年07月30日 

内外トランスラインが7月30日に発表した2013年12月期第2四半期決算によると、売上高は74億9900万円(前年同期比15.6%増)、営業利益4億7000万円(2.6%減)、経常利益5億1000万円(2.1%減)、当期利益3億700万円(2.0%減)となった。

2013年6月1日付けでフライング・フィッシュ・サービスの国際複合一貫輸送事業を譲受け、連結子会社フライングフィッシュにおいて事業を開始した。事業はグループ中期経営計画を達成するための中核となるもので、連結会計年度下期以降、グループ業績に大きく寄与するものと見込んでいる。

セグメント別では、日本の売上高は、52億7600万円(11.8%増)となり、営業利益は2億5600万円(24.8%減)となった。

海外の売上高は、22億2300万円(25.9%増)となり、営業利益は2億4400万円(44.5%増)となった。

通期は、売上高150億円(11.9%増)、営業利益13億円(43.1%増)、経常利益13億円(33.3%増)、当期利益8億円(74.3%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集