杉村倉庫/4~6月の売上高1.5%減、営業利益2.0%減

2013年07月25日 

杉村倉庫が7月25日に発表した2014年3月期第1四半期の業績は、売上高23億2800万円(前年同期比1.5%減)、営業利益2億300万円(2.0%減)、経常利益1億9400万円(2.2%増)、当期利益1億900万円(3.7%増)となった。

倉庫業の売上高は、12億1400万円(前年同期比2.1%増)となったが、コスト面では運送費用や人件費、修繕費、租税公課などが増加したため、前年同期に比べ900万円(86.4%)損失額が増加し、2000万円のセグメント損失となった。

運送業の売上高は、は8億1200万円(6.6%減)となった。コスト面で運送費用や作業費用、人件費等が減少したため、セグメント利益は5000万円(83.9%増)。

通期は、売上高95億1500万円(1.6%増)、営業利益7億7500万円(0.1%減)、経常利益6億5500万円(7.3%減)、当期利益3億5000万円(5.3%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集