富士フイルム/23億円投じ、フィリピンに光学レンズ工場が稼働

2013年07月16日 

富士フイルムは7月16日、フィリピンのカーメルレイ工業団地に高性能レンズの新工場が稼働した。

<新工場の外観>

新工場は、光学レンズの研磨やコーティングなどの加工から組立までを一貫して行う。

投資額は23億円で、2012年11月に着工、約7か月間という短い予定工期をさらに短縮し、5月下旬に生産を開始、本格的に量産稼働を開始した。

ガラスレンズの表面をナノオーダーで高精度に研磨するレンズ研磨機や、反射防止用多層薄膜を形成する真空蒸着機などの生産設備を導入し、デジタルカメラ・プロジェクター・監視カメラの高性能レンズを生産していく。

今後、段階的に生産設備を増強することで、2015年度には従業員を600名規模まで、生産能力を1800万枚/年まで引き上げ、伸長する光学レンズの需要に対応していく、としている。

■新工場の概要
会社名:FUJIFILM Optics Philippines Inc.
所在地:マニラ南部ラグナ州 (カーメルレイ工業団地)
生産品目:デジタルカメラ、プロジェクター、監視カメラの光学レンズの加工・組立
設立:2012年6月29日
敷地面積:5.3ヘクタール

最新ニュース