製・配・販連携協議会/サプライチェーン効率向上の効果検証

2013年07月12日 

製・配・販連携協議会は7月12日、加工食品・飲料の小売業者への納品期限を試行的に緩和し、サプライチェーン効率向上・食品ロス削減等の効果を検証する実証実験を開始すると発表した。

同協議会と食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチームは共同で、試行的に小売店舗への納品期限を現行の「賞味期限の3分の2残し」から「2分の1残し」へと緩和し、返品や食品ロスの削減効果を検証するパイロットプロジェクトを8~9月から、半年程度を想定して実施する。

調査は、小売店舗での販売期限切れ商品等の発生状況、物流センターでの納品期限切れの商品在庫、返品、廃棄等の発生状況、メーカーでの未出荷廃棄量のシミュレーション、消費者の購買意識調査等を行う。

8月より順次、パイロットプロジェクトを開始し、11月中旬頃に中間報告、2014年2月末頃の終了し、2014年3月中旬には、最終報告を行う。

効果検証によって返品や食品ロスの削減に効果が見られた場合、広く広報を行うとともに納品期限の緩和を推奨する。

■参加企業
・小売業者
イオンリテール、イズミヤ、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、東急ストア、ファミリーマート、ミニストップ、ユニー、ローソン

・卸売業者
伊藤忠食品、加藤産業、国分、コンフェックス、昭和、高山、トモシアホールディングス、ドルチェ、ナシオ、日本アクセス、ハセガワ、三井食品、三菱食品、山星屋

・メーカー
飲料:アサヒ飲料、伊藤園、キリンビバレッジ、サントリー食品インターナショナル、日本コカ・コーラ
菓子:江崎グリコ、亀田製菓、不二家、ブルボン、明治、森永製菓、ロッテ

製・配・販連携協議会事務局
食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチーム事務局
公益財団法人流通経済研究所
東京都千代田区九段南4-8-21山脇ビル
担当者:石川、加藤
TEL:03-5213-4531

最新ニュース