日本郵便/配達時間帯指定郵便の認可取得

2013年07月05日 

日本郵便は7月5日、配達時間帯指定郵便の新設が認可されたと発表した。

差出人が配達時間帯を指定できるもので、実施予定日は10月1日。

■配達時間帯指定郵便の概要
指定可能な時間帯:午前(8:00~12:00)、午後(12:00~17:00)、夜間(17:00~21:00)
配達可能地域:全国(一部、サービスを提供できない地域あり)
郵便物の種類:第一種郵便物(郵便書簡を除く)
付加できる特殊取扱:一般書留及び現金書留(簡易書留は付加できない)
差出方法:事業所において交付する用紙(ラベル)に必要事項を記載の上、窓口に提出。
配達方法:普通扱いの場合は、原則、対面で渡し、不在の場合は郵便受箱に配達。書留扱いの場合は、対面で渡し、その際受領印又は署名。
追跡サービス:利用できる
特殊取扱料金:~250gまで320円、250g超~1kgまで420円、1kg超~4kgまで680円

最新ニュース

物流用語集