住友商事/ベトナムに製粉事業合弁会社を設立

2013年06月26日 

住友商事は6月26日、韓国食品大手CJ Cheil Jedang(CJ)と共同で、ベトナムのバリアブンタオ省で小麦粉とミックス粉の製造販売を行う合弁会社を設立すると発表した。

<工場完成イメージ>

両社は共同事業を通じて関係強化を図るとともに、住友商事の豪州穀物集荷・サイロ事業、豪州冷凍パン生地事業や、CJのベトナム飼料事業とのシナジー効果、ミャンマー、カンボジア、ラオスといった他の新興国における一次加工品事業分野での新たな展開を検討していく。

原料の集荷から製粉、そして製品作りまでの、一貫したバリューチェーンの要所を担うことで、より品質の高い製品を届けるとしている。

■合弁会社の概要
会社名:CJ-SC GLOBAL MILLING LLC(予定)
本社所在地:ベトナム社会主義共和国バリアブンタオ省
総投資額(予定):4400万米ドル
出資比率:CJ51%、住友商事グループ49%
主要事業:小麦粉および小麦粉をベースとしたミックス粉の製造販売
稼働予定:2015年3月
製造能力:小麦の挽砕能力で年間16万トン

最新ニュース

物流用語集