住友金属鉱山、日立電線/リードフレーム事業の統合会社発足

2013年06月20日 

住友金属鉱山と日立電線は6月20日、7月1日付で両社のリードフレームと伸銅事業の各統合会社が発足すると発表した。

両社のリードフレーム事業と、川上工程である銅条部門を有する日立電線の伸銅事業の経営資源を結集することで、相乗効果が期待できるものと判断し、統合するもの。

統合会社の概要
■リードフレーム事業統合会社
名称:SHマテリアル
本社所在地:東京都港区新橋5-11-3
代表者:代表取締役社長 野口周治
資本金:10 億円
出資構成:住友金属鉱山51%、日立電線49%
事業内容:リードフレーム製品および関連製品の製造・販売
年間連結売上高:約350 億円
連結従業員数:約2,600 人(営業・製造の関係会社を含む)

■伸銅事業統合会社
名称:SHカッパープロダクツ
本社所在地:茨城県土浦市木田余3550
代表者:代表取締役社長 阿部雅彦
資本金:10 億円
出資構成:日立電線50%、住友金属鉱山50%
事業内容:伸銅(銅条・電気用伸銅品・銅加工品)製品の製造・販売
年間売上高:約500億円
従業員数:約550人

最新ニュース