国交省/IT活用でコンテナターミナル周辺の渋滞解消対策実証実験

2013年06月10日 

国土交通省は6月10日、横浜港で「コンテナ搬出入予約制」(以下:予約制)の導入に向けたプレ実証実験を行うと発表した。

コンテナターミナル周辺の渋滞解消対策についてITを活用した効率的なコンテナ搬出入の実現を目指し、2013年度には予約制の制度設計の検討、本実証実験の実施し、2014年度には予約システムの構築、2015年度以降に試験運用(1年程度)を経て、本格運用を目指す。

■プレ実証実験の概要
目的:予約制の制度設計の検討に必要な基礎データの収集
実施場所: 本牧ふ頭BCコンテナターミナル(BC2)、南本牧ふ頭MC―1、2コンテナターミナル
実施期間:2013年7月4日(木)~7月31日(水)
7月4日(木)~7月10日(水) 現状把握調査
7月11日(木)~7月24日(水) 暫定システムを利用した実証実験
7月25日(木)~7月31日(水) 事後調査(アンケート)

最新ニュース

物流用語集