三菱ふそう/「FUSO」ブランド、アジア・アフリカ向け戦略車を発表

2013年05月23日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は5月23日、インド・チェンナイにあるDaimler India Commercial Vehicles Pvt.(以下、DICV社)で「FUSO」ブランドの新しいアジア・アフリカ向け戦略車の概要を発表した。

<アジア・アフリカ向け戦略車「FUSO」大型・中型トラック>

ダイムラー・トラック部門としてMFTBCとDICV社の二つの拠点が中心となり開発したプラットフォームを基に、「FUSO」ブランドの新しい車両として、車両総重量25~49tの大型トラック「FJ」、「FO」、「FZ」および車両総重量9~16tの中型トラック「FA」、「FI」の合計5機種を開発した。

これらの車両を2013年4月からDICV社オラガダム工場で生産を開始し、アジア・アフリカ地域のラインアップを拡充する。

同工場では、既にインド向け車両である、「バーラト・ベンツ」ブランドおよび「メルセデスベンツ」ブランドの車両の生産を行っており、今回の「FUSO」ブランドの生産は、3ブランド目となる。

最新ニュース